-わが親族-

「権威なんて気にしない!」「常識って何?」 気さくな人柄で人と触れ合い
勝手気ままに活躍している我が親族をご紹介します。 

My Father(父)
水野陽美(詩人)Akiyoshi Mizuno(1926-1977)
大正15年1月27日、横浜に生まれる。雑誌森林派主幹。
「此の詩集『人神の石笛』は、如何なる虚栄の種族にも属さない。」という言葉とともに
たった一冊の詩集を残してこの世を去った。
著書「人神の石笛」
「日本詩人全集11」戦後百人集 創元文庫『死滅宇宙』『刺客』『父の造型』収録。
未刊「未完成詩論-非連續者の詩学-」

 

My Mother(母)
水野麗(俳人)Rei Mizuno(1927-)
昭和2年、蜷川秀一と園子の長女(蜷川禮子)として富山に生れる。長谷川秋子主宰『水明』を経て、高柳重信に師事し『俳句評論』同人。現代俳句協会会員。俳句研究50句競作・10年間連続入選。
著書・句集『花鳥都市』 、アンソロジー『鵞』他。

 

My Uncle(伯父)
水野富美夫(画家)Fumio Mizuno(1917-1992)
父方の伯父。(父の兄)
1917年東京伊皿子で生まれる。画家として白日会会員、運営委員横浜支部長などを務めたのち、戦後に日本の俗物主義を嫌い、妻子を捨てエチオピアに永住。以降、一貫して「エチオピアの女性の美しさ」「尊厳」を描き続ける。朝日新聞「地球市民」、フジTV「海外で活躍する日本人」読売新聞「世界で活躍する人々」、テレビ朝日「住めば地球」など多くマスコミにもり上げられた。朝日新聞社主催「エチオピアの光と影展」(1987)西日本新聞社他主催「エチオピアの光と影展」
(1990)東急本店「エチオピアの光と影-水野富美夫油絵展」開催。平成4年ケニアで没する。

 

My Uncle(叔父)
蜷川幸雄Yukio Ninagawa(演出家)(1935-)
母方の叔父。(母の弟)
昭和10年10月15日、埼玉県川口市に生まれる。1967年に劇団現代人劇場を創立。1969年『真情あふるる軽薄さ』で演出家デビュー。1972年演劇集団「櫻社」結成、1974年同劇団を解散。1974年、当時東宝のプロデューサーであった中根公夫氏との黄金のコンビが生まれ『ロミオとジュリエット』『王女メディア』『オイディプス』『近松心中物語』ほか名実共に演劇界の第一人者として刺激的な演出をし続ける。近年も、シェークスピアの全作品上演計画(98年~)、上演時間が10時間半の傑作『グリークス』などその活動は衰えることがない。1983年の『王女メディア』ギリシャ・ローマ公演を皮切りに1996年『夏の夜の夢』、1997年『身毒丸』、1998年『ハムレット』と連続したロンドンでの公演、ロイヤルシェークスピアカンパニー『リア王』の長期上演(1999年~2000年)など海外でも高い評価を得ている。1988年『近松心中物語』の第38回芸術選奨文部大臣賞をはじめ朝日、読売、毎日新聞演劇賞など受賞歴多数。英国エジンバラ大学名誉博士号(1992)、 紫綬褒章(2001)、 名誉大英勲章第三位Commander of the Order of the British Empire(CBE) (2002)、
文化功労賞(2004年)受賞。
http://www.my-pro.co.jp/ninagawa

 

My Aunt(叔母)
蜷川宏子Hiroko Ninagawa(キルト作家、女優)(1941-)
蜷川幸雄夫人。
女優・真山知子として東映のユーフェイスから劇団青俳をへて劇団現代人劇場設立。蜷川幸雄演出の初期作品に多く主演女優として出演した。映画では『極道』シリーズ(東映)『子連れ狼』(大映)『殺しは俺がやる』(大映)などがある。結婚後、キルト作家・鷲沢玲子さんに師事。近年は、その素晴らしいセンスのパッチワークが人気を呼び、キルトアーティストとして活躍。テレビ『おしゃれ工房』(NHK教育)にも出演。著書は『蜷川家のお総菜』(鎌倉書房)『ミセス蜷川のパッチワークに夢中!』(鎌倉書房)、
『蜷川宏子のわが家のパッチワークキルト』(文化出版局)など。

 

My Sister(妹)
蜷川みほ Miho Ninagawa(女優、ミュージシャン)(1964-)
昭和39年、神奈川県横浜市生まれ。劇団円にて演劇の基礎を習得。女優としてテレビ朝日開局30周年記念『桜子は微笑う』(テレビ朝日/1988) 木曜ゴールデンドラマ『喝采』(日本テレビ/1988) 、映画 『龍飛岬』『クラブ進駐軍・この世の外に』『稀人』、舞台『なぜか青春時代』『盲導犬』などでユニークな演技をみせる。女優業のかたわら1997年ユニット・ロックバンド「ベリベリアイロン」結成。ベリベリアイロンのすべての作詞と作曲を手がける他、リードギター、ボーカルとして活躍。1999年メルダックより『素敵なMUSIC LIFE』でデビュー。特に『ダディーズ・ハンド』は、コンビニポプラのCMソングにもなり感動的な仕上がりをみせた。他に『緑色のブタ』『宇宙のヒ・ミ・ツ』など。
現在は、再び女優業を再開。
http://www.ninamiho.com

 

My brother in low(妹の夫)
三原康可 Yasunori Mihara(ギタリスト、俳優)(1959-)
昭和34年、東京生まれ。内田裕也のバックバンドとして永年リードギターを務める。パリコレにモデルと出演していたこともあるほどの二枚目。自身のバンド、パリテキサスで作詞・作曲を務める。CD「Chain Reaction」は、都会的で心地よいサウンド。
近年は、俳優としても活動している。
http://www.mihavision.net

 

My Cousin(従妹)
蜷川実花(写真家)(1972-)
演出家・蜷川幸雄の長女。
1972年東京生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。様々なファッション誌や、CDジャケット、広告を中心に、写真集や展覧会での作品発表などフォトグラファーとしての活動はもとより、ショート フィルム(監督)など映像分野でも活躍中。2001年第 26回「木村伊兵衛写真賞」を受賞。写真集『17 9 ’97』『Baby blue sky』『ピンク・ローズ・スウィート』『MIKA FLOWERS』『Sugar and spice』『ア・ピース・オブ・ヘヴン』『like a peach』など多数。2007年、映画「さくらん」を監督。
http://www.ninamika.com/home/home.html

(順不同/敬称略)

 


Family | 2012 | Family | Comments (0)
Idc1998.com
This domain has recently been listed in the marketplace. Please click here to inquire.