2018年5月9日(水)〜5月20日(日)
Bunkamura Gallery にて個展を開催します!

ぜひお越しくださいませ。

 

 

女優として表現の世界に足を踏み入れ、映像作家としても活動する蜷川有紀は
2008 Bunkamura Gallery 「薔薇めくとき」 にて画家デビュー。 
その多岐にわたる活躍が評価され、同年には情報文化学会芸術大賞を受賞しました。

 昨年は、 ダンテ作 『神曲』 地獄篇をテーマにした
高さ 3m 6mの超大作「薔薇のインフェルノ」を発表し、
 アートイベントとしても異例の成功をおさめました。

 本展では次回作、 煉獄編 ・ 天獄編へのプレリュードとなる作品群、
ならびに 「永遠」をテーマにした新作は、
 真摯に岩絵具に向き合ってきた蜷川にしか出せない自由な筆致と、 
国も時代も超えた新たな世界観をご覧いただけます。

更にデビュー 10 周年を記念し、 過去の代表作品も登場。
 今回しか観ることのできない、 蜷川有紀のこれまでとこれからを是非ご堪能ください。

 

作家在廊日

会期中連日14:00 – 17:00を予定
※初日、最終日のみ14:00 – 19:30

 

イベント開催

5.12(土)14:00 -【Anniversary Special Talk】
榎本了壱(クリエイティブ・プロデューサー)×   蜷川有紀

5.13(日)14:00 -【薔薇の朗読会】
古今東西の薔薇の詩を蜷川有紀が選び朗読します。

・全て事前予約不要/入場無料
・上記時間に直接 Bunkamura Gallery へお越しください

展覧会情報はBunkamuraホームページからもご覧いただけます:
http://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/180509ninagawa.html

 


なお、5月30日~6月5日名古屋松坂屋美術画廊に巡回します。

その他の近況はこちらをご覧ください!

FACEBOOK www.facebook.com/oyukiboninagawa

TWITTER twitter.com/oyukibo

INSTAGRAM www.instagram.com/oyukibo_art/

 

 


2018.March.30 | 2018 | What's New, 未分類