画家デビュー10周年企画

蜷川有紀 絵画展『永遠の薔薇』

Yuki Ninagawa Solo Exhibition

 

           東京/2018年5月9日 〜 5月20日
             渋谷東急Bunkamura Gallery

 

  愛知/2018年5月30日〜6月5日
    松坂屋名古屋店 本館8階 美術画廊

 

女優として表現の世界に足を踏み入れ、 映像作家としても活動する蜷川有紀は 2008 年 Bunkamura Gallery 「薔薇めくとき」 にて画家デビュー。 その多岐にわたる活躍が評価され、同年には情報文化学会芸術大賞を受賞しました。 その後も薔薇をモチーフに都市、旅、迷宮など、様々なテー マに取り組み、 海外でも紹介されるなど表現の場を広げています。 その節目となる今回、画家デビュー 10 周年を記念した絵画展を開催いたしました。

本展では次回作、 煉獄編 ・ 天獄編へのプレリュードとな る作品群を発表。 「永遠」 をテーマにした新作では、 自由な筆 致と国も時代も超えた新たな世界観をご覧いただきました。 更にデビュー 10 周年を記念し、 過去の代表作品も登場。 今回しか観ることのできない、 蜷川有紀のこれまでとこれ からをご堪能いただき大盛況の中、会期を終えました。

 

 

 

 

 

永遠の薔薇を描く

 

想いのままに薔薇を描いて十年がたちました。 「女」「都市」「迷宮」「旅」「恋」など そのときどきのテーマとともに薔薇の螺旋を描く日々は 至上の歓びにつつまれていました。 昨年は、ダンテの『神曲』地獄篇をテーマした 縦三メートル、横六メートルの超大作「薔薇のインフェルノ」を発表し 新しい地平を拓いた気がしています。 赤い薔薇が、⻄洋の薔薇に東洋の薔薇を配さなければ生まれなかったよう に、地獄という思想も、東洋と⻄洋の思想の交わる場所で生まれたそうで す。これからまた、煉獄篇、天国篇へとわたしの旅はつづきます。 ぜひご期待いただき、叱咤激励していただければと存じます。 これまで応援してくださった方々へ この場をかりて心からの感謝を申し上げます。

 

二〇一八年 薔薇の花の季節に
蜷川有紀

 

 

 

 

 

 イベントスケジュール

 

【渋谷東急Bunkamura Gallery(東京)】

 

5.12(土)14:00-【Anniversary Special Talk】 

榎本了壱(クリエイティブ・プロデューサー)× 蜷川有紀

 

5.13(日)14:00 -【薔薇の朗読会】 

 

5.16(水)18:30 -【YUKININAGAWA 画家デビュー十周年記念&

猪瀬直樹×蜷川有紀 婚約出版パーティー】 

 

 

[松坂屋名古屋店 本館8階 美術画廊(愛知)]

 

6.2(日)14:00 -【猪瀬直樹氏とのスペシャルギャラリートーク】

   

[PAINTINGS ]

 [DRAWING]

[掛け軸]  

 

 

☆メディアに掲載されました

iTSCOM Life 4月号(第43号)

週刊新潮 2018年5月17日号

 

 


画家デビュー10周年企画「永遠の薔薇」2018年 | 2018 | Art Works