於:東急Bunkamura Gallery
2008年5月27日(火)~ 6月3日(火)
営業時間 10:00~19:30(初日27日は18:30閉店) 会期中無休/入場無料

この展覧会では、日本画家・武田州左氏より岩絵具の手ほどきを受けて書き上げた最新作の他、今まで温めてきた未発表の旧作品、水野麗句集『花鳥都市』のための表紙画及び挿画、造形作家・友永詔三氏とのコラボレーションによるスフィンクス像をなどを出品しました。また、2004年に蜷川有紀が初めて脚本、監督を手掛けたショートムービー「バラメラバ」と自ら新たに撮影したイメージフィルム「薔薇めくとき」 を上映。美しく愉しい初個展になりました。

蜷川有紀 yuki ninagawa 薔薇めくとき
薔薇のスフィンクス」
和紙、岩絵具、パステル 126×93cm  2008年

蜷川有紀 yuki ninagawa 薔薇めくとき

photograph by Koichi Inakoshi

「なにを描きたいの?」 とたずねられ、
思わず「・・・愉悦」と、答えてしまった。
不思議。そんな答えが口をつくなんて。
愛する人に、抱きしめられたときのあの素晴らしい気持ち。
熟した果物や美しく咲き誇る花。信じられない色や形をした鳥や虫。
なんて素晴らしいものがこの地上には沢山あるのだろう。
子供の頃に感じていたよりも現実はもっともっと美しい。
そんな感動を描きたいと思った。
多くの素晴らしい方々との出会いが、
私に畏れずに表現する勇気を与えくれました。
この場をかりて、心よりお礼申し上げます。

2008.June.27   蜷川有紀

蜷川有紀 yuki ninagawa 薔薇めくとき蜷川有紀 yuki ninagawa 薔薇めくとき 蜷川有紀 yuki ninagawa 薔薇めくとき

恋するジャンヌ」
和紙
岩絵の具、アクリル、
パステル
75×55 2008年
アトリエの風景 photoh by Koichi Inakoshi メデューサになる前に」
和紙
岩絵の具、アクリル、コラージュ
86.5×62cm  2007年
※左上の作品「恋するジャンヌ」他二点の作品が、テレビ東京開局45周年記念番組『寧々・おんな太閤記』のタイトル画に採用されました。(仲間由紀恵主演、2009年1月2日放映、14時~24時放映)

 

【ギャラリートーク】
日時:5/31(土) 14:00~ 蜷川有紀×稲越功一氏(写真家)×榎本了壱氏(クリエイティブ・ディレクター)

蜷川有紀 絵画作品展 関連トーク1(YOU TUBE)

蜷川有紀 絵画作品展 関連トーク2(YOU TUBE)

 

【映画”バラメラバ”上映会】
日時:6/1(日)  14:00~蜷川有紀によるスペシャルトークあり
※会期中作家来廊有り(16:00-19:00)

【GALLERY】


『花鳥都市』

-Special Thanks
榎本了壱 (クリエイティブ・ディレクター)・稲越功一 (写真家)
友永昭三 (造形作家)・武田州左 (日本画家)
久本勢津子 (出版 プロデューサ-)・Bunkamura Gallery

2008年度「情報文化学会・芸術大賞」を受賞しました!

お祝いをかねて 坂井直樹氏とのトークライブがネット上で配信されています!

『SAKAI PRODACTS 2.0 in KDDI Designing Studio』


個展『薔薇めくとき』2008年 | 2008 | Art Works | Tags: , , , , ,